• HOME
  • BLOG
  • 花の癒し
  • 【2回目】ハーブティーを淹れる時に必要な道具は?美味しい飲み方は?【ハーブティー基礎講座】

【2回目】ハーブティーを淹れる時に必要な道具は?美味しい飲み方は?【ハーブティー基礎講座】

●本記事の目次
  1. ハーブティー基本の道具
  2. ハーブティーの美味しい淹れ方、作り方

ハーブティー基本の道具

さて、いよいよハーブティーの淹れ方ですが、その前に基本の道具をご紹介します。初めからすべてそろえる必要はありませんが、道具に凝るのも楽しみの一つ。少しづつお気に入りのものを増やしていきたいですね。

ティーポット 陶器またはガラス製のものを用意しましょう。お湯の中で、ハーブの葉や花がゆるやかに広がる様子が楽しめるので、ガラス製が人気です。葉が詰まらないように、注ぎ口が広いもの、または茶こし付きのポットを選びましょう。

砂時計・タイマー 3分計が便利です。砂が落ちるあいだ、お招きした席などでは、その間ハーブの説明をしたり、有効に活用できますね。

計量スプーン・ハーブ 計量スプーンはドライハーブをポットに入れるとき分量がわかりやすいので利用しましょう。

乳棒・乳鉢 固い実や根、樹皮などを砕くときに用います。表面積が増えるので、効率よく成分を抽出できます。
茶こし・ティーストレーナー 茶こし付きのポットを使用する場合は必要ないでしょう。
ポットコゼー 浸出中にお湯の温度を下げないために用います。

ハーブティーの美味しい淹れ方、作り方


ハーブティーは、紅茶を淹れるときとほとんど同じ要領で、手軽に作ることができます。 さじ加減によって、ハーブティーの濃さや味、香りや効能の度合いも変化します。味などを見ながら回数を重ねて、自分に合った量や時間を探していきましょう。

ドライハーブティー 薬効を期待するなら、ドライハーブがおススメです。フレッシュハーブに比べて3倍の効果があるとも言われており、 胃にも優しいティーになります。1杯あたり、ハーブ小さじ一杯を基準に調整してください。

1 ポットとカップに湯を注ぎ、器をあらかじめ温めておきます。
2 ポットにドライハーブを入れます。その場合軽く砕いたり、固いものは乳鉢で砕きます。
3 沸騰した湯を静かに注ぎ5~7分蒸らし、ゆっくりとかき回してティーの濃度を均一にします。
4 目の細かい車庫氏を使い、カップにハーブティーを注ぎ入れましょう。

フレッシュハーブティー 見た目も美しく、香りもさわやかです。自分で栽培したハーブを適量摘んで、気軽にお茶にもできます。その場合、ハーブの種類はきちんと確認しましょう。お茶にするには例えばセージですとコモンかクラリスセージです。またローマンカモマイルは葉ではなく花を使用します。一杯あたり大さじ一杯を基準に調整してください。

1 温めたポットに、ちぎったフレッシュハーブを入れます。
2 熱湯を注ぎ入れ3~5分蒸らします。あとはドライハーブと同じです。

アイスハーブティー 夏にうれしいアイスハーブティー。初心者でも飲みやすいティーです。

1 ホットティーとハーブの量は同じですが、湯の量は半分~3分の1程度にします。
2 粗熱がとれたら、氷を入れたグラスに注ぎましょう。

煮出しハーブティー ハーブの実や根、樹皮などは硬いので、ただ蒸らすだけでは、その薬効や香りのほとんどを引き出せていないようです。手で簡単に裂けないような硬いハーブは煮出して作りましょう。

 主な硬いハーブ
根 ジンジャー、リコリス、ターメリック、チコルリート
実 カルダモン、ローズヒップ、コリアンダー
その他 シナモン(樹皮)、ハイビスカス(萼)

1 ドライハーブ小さじ2杯に対して水500mlを基準にお好みで調節してください。
2 鍋にハーブを入れ、じっくりと自ら煮出します。鍋には軽く蓋をしましょう。
3 沸騰をしたら、弱火にして約10分煮出し、茶こしを使って温めたカップに注ぎましょう。

※多少濃くなっても薬効を優先したいという場合には、15分煮込みます。

水出しハーブティー マテやエルダーフラワーなどがよく使われます。熱湯を使わないために、カフェインやタンニンが抽出されにくい方法なので優しい味になります。

1 ドライハーブ小さじ1強に対して水200mlを基準とし、容器にハーブを入れて、スプーンで混ぜながらなじませます。
2 好みの濃さになるまで常温で置き、色濃くなったら冷蔵庫で冷やし、24時間を目途に飲み切ります。

※美味しくいれるこつは、どの方法でも香りを飛ばさないように必ず蓋をするようにしましょう。
※ハーブティーは一煎目に有効成分のほとんどが抽出されています。セルフケアを目的とする場合は二煎目以降はあまり期待できないでしょう。

関連記事