【1回目】ハーブティーの基礎講座【植物療法】

こんにちは。 私たちの心と体に優しく働きかけるハーブティー。ハーブは古代からその薬効が認められており、煎じて飲む方法が処方されていました。ハーブティーの美味しい飲み方から、効能までをまとめています。

●本記事の目次
  1. ハーブティーについて
  2. ハーブティーの選び方

ハーブティーについて

ラテン語で「草」を意味する「Herba」に由来するハーブ。一般的にハーブとは、人々の暮らしに役立つ香りのある植物を指します。また、食用の世界では「香辛料」とも呼ばれ、この中で茎、葉、花を利用できるものを「ハーブ」、それ以外の部位を利用するものを「スパイス」と定義しています。

ハーブの活用方法は、健康、料理、園芸、芳香など様々ですが、その中でも植物療法に利用されるハーブは「メディカルハーブ」と呼ばれています。

薬用ハーブ・・・メディカルハーブ
料理用ハーブ・・・カリナリーハーブ
園芸用ハーブ・・・オーナメンタルハーブ
芳香ハーブ・・・アロマティックハーブ

このように区別されることもあります。

私たち人間がこの植物の持つ力を利用してきた歴史は古く、紀元前3400年頃の文章を書き写したと言われる、古代エジプト時代の紀元前1700年頃に書かれた『エーベルスのパピルス文書』に、およそ700種のハーブの使用方法と効能が記録されています。

古代ギリシャの時代になると、紀元前400年頃に医学の祖と言われるヒポクラテスが「体液病理説」を唱え、400種に及ぶハーブの薬効や処方 に言及していて、ハーブを煮出した汁を処方していた記録などがあり、これがハーブティーの起源と言われています。

ハーブティはほとんどがノンカフェインで、その働きは穏やかで優しく、ゆっくりと身体全体に届けられます。(※ジャスミンティーやマテ茶にはカフェインが含まれます。例外もありますのでご注意ください。)

豊富に含まれた植物化学成分と一緒に、香りによるアロマテラピー効果など、五感を通じて脳にも情報が伝わるので、私たちの精神面と肉体面のどちらにも働きかけてくれます。ティータイムのすべてが癒しにつながっていますね。

ハーブティーの選び方・保存方法

ドライハーブ

1.食品であるか確認する。ドライハーブには、ハーブティや料理用といった食用以外に、ポプリやクラフトに使用するための雑貨と書いて輸入・販売されているものもあります。必ず「食品」のハーブであることを確かめてから購入しましょう。

2.新しいものを買い求める。ハーブは古くなると、風味が落ちてしまうので、パッケージに表記された賞味期限、製造年月日等を確認し、できるだけ新しいものを選びましょう。

3.学名を確認する。同じハーブでも販売店により呼び方が異なることがあります。例えば、イチョウはギンコウ、マリーゴールドはカレンデュラとして販売されていることがあります。目的のハーブを探すときには、どの店でも共通の表記を用いている学名を確認しましょう。

4.原産国を確認する現在、日本で販売されているドライハーブは、大半が輸入品です。品質をチェックするためにも、原産国を確認して、安心できるものを購入しましょう。
5.使用上の注意をよく読む。治療中の病気がある方、妊娠中や授乳中の方などは、使用を避けたほうがいいハーブがあります。購入前には医師に相談し、製品の注意事項もよく確認して購入しましょう。
6.少量ずつ購入する。一度にまとめ買いするより、少量づつこまめに買い足す方がよいでしょう。
7.保存の仕方。密閉容器を使って、湿気対策として乾燥剤を入れましょう。色、香り、風味が長持ちします。保存場所は直射日光を避けて、暗くて涼しいところにしましょう。容器にラベルをはって、賞味期限がわかるようにしておくと便利です。

フレッシュハーブ

自分で栽培したものを使うケースがほとんどですが、若くて柔らかい葉や花を使用する直前に摘み取ります。例えば、ミントなら一杯分のハーブティに対して、5~10枚程度お好みで。育てた苗が20~30cmくらいになったら利用できます。

第2回は、ハーブティーの美味しい淹れ方、飲み方になります☆彡

関連記事